読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちーさんのイイネあつめ

世界中のイイネを求めて

以心伝心という幻想

「以心伝心」素敵な言葉ですね。

でもね、実際問題、本当に以心伝心なことなんて、ほんとにちょびっとだと思うわけですよ。

他人の心をわかるには、口に出してもらうのが一番いいわけです。

自分のことをわかってもらうには、わかってほしいことを言うしかないのです。

 

なんで、こんなことを言い出したのかというと、今日、仕事でプログラムのバグを発見したわけです。当然、担当の上司に報告します。

報告の前に、他の類似箇所にも問題ないか、確認をしました。

日頃、あなたならどう直す?と何度か言っていた上司なので、解決策も考えます。

で、いざ報告。

まずは、バグの内容。何が問題か。

次に解決策。

ここで終わっちゃったんですね、私の報告。

上司もちょっと別件でトラブってて余裕がなかったのか、厳しいお言葉どーん。

 

他の類似箇所にも問題ないか

 

この報告がなかったために、余分に怒られて気分を害することになりました。はい、自業自得です……。

 

問題点と解決策だけ言って、他は、聞かれたら答えるか。

 

無意識だったのですが、報告するときの私はこう考えていたんじゃないかな、と想像。

結果、思いっきり地雷踏みました。

 

以心伝心難しいです。

コミュニケーションはシミュレーション通りにはいかないもんです。

思ってること、知ってることはどんどん開示していく。

それしか、相手に自分の思ってることを伝えるすべはない。そう学んだ日でした。

広告を非表示にする