読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちーさんのイイネあつめ

世界中のイイネを求めて

山寺から見える絶景と襖絵の美しさ──まいまい京都@西賀茂その3

その1その2に続きましてその3。

やってきましたるは、京都の北西の山際、正伝寺

f:id:mizore515:20140418001222j:plain
えっと、京都市内ですよ?(一応)

有名なのが、
f:id:mizore515:20140418001350j:plainこちらのお庭。
剪定されたツヅジの山の数が、右から7・5・3になっております。
借景として遠くに比叡山
ちょうど右の枝垂れ桜が満開でした。
5月も半ばをすぎると、ツツジが咲き誇り、秋はもみじ、冬は雪景色が美しい姿を見せてくれます。

f:id:mizore515:20140418001541j:plain
これも有名。血天井
豊臣秀吉が作った、聚楽第の遺構なのです。
足あと、手形がくっきり残っているのが写真からわかるでしょうか。

f:id:mizore515:20140418003523j:plain

f:id:mizore515:20140418003535j:plain美しい襖絵は、狩野山楽の作品。

f:id:mizore515:20140418003606j:plain
どーんと飾ってある絵に近寄ってみると、

f:id:mizore515:20140418003608j:plain
線がすべてお経。

f:id:mizore515:20140418003655j:plain
本堂の中から見えた比叡山が美しい。

庭に、歴史ある血天井に、襖絵。
こじんまりとした山寺ですが、盛りだくさんで楽しめます。
市内の外れなので、観光客も少なく、ゆっくりと静けさを堪能できます。
ウグイスの鳴き声が聞こえて、非常に日本的情緒にあふれてました。

というところで、旅は終了。
堪能しました(ほっこり)

次は番外編を少々。