読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちーさんのイイネあつめ

世界中のイイネを求めて

ファン感動のサプライズ──まいまい京都@御土居その6

御土居シリーズも第6弾。
丸一日旅したし、濃厚なので、ついついシリーズが長く……(汗)
今回は感動のサプライズ編です。
(前回まではこちら。その1その2その3その4その5

f:id:mizore515:20140504175819j:plain
前回、下から見上げて見た大宮御土居
というわけで、見下ろしてみました。
竹やぶは保全で植樹されたものです。
当時も土居の上は竹林だったらしいですが。

とまぁ、フェンスの外から眺めていたら……

「ここ入ります?」

と通りすがりのおじさんからお声が!!

なんと、偶然通りかかったこのおじさま、京都市からフェンスの扉のカギを預かっており、入りたい人がいたら入れてくれと頼まれているそう。
京都市が公式に募集かけても中々応募が集まらなかったので、カギを預けることになったらしい。

f:id:mizore515:20140504180151j:plain
てなわけで、御土居の上です。

f:id:mizore515:20140504180207j:plain
さっき見下ろしていた竹やぶがすぐそこに。

f:id:mizore515:20140504180234j:plain
おくまで進めば、正面には圧巻の比叡山
大文字山も妙法も、家の隙間から舟形も見えました。
大文字の送り火の時に開放して欲しいベストスポット(笑)
※ただし左大文字はおしりしか見えない(笑)

f:id:mizore515:20140502222333j:plain
こちら、前回見上げた場所を、

f:id:mizore515:20140504180447j:plain
上から見られる不思議。

 

とにかく、全員大興奮の瞬間でした。
22年すぐ近くに住んでましたが、私も入るのは初めて。
こんな城壁が京都を周回してたなんて、なんてすごいんだ秀吉!

みなさまも、この感動をぜひ。
まぁ、半分くらい運があるんですが(おい)

てなわけで、お次は、本来のメインイベント(だったが、このサプライズ御土居で影が一気に薄くなった)の御土居の上で御土居餅を食べる編です。